抜け毛の悩み解消対策

2019年10月29日

馬刺しは鮮度が重要

皆さん。こんばんは。

唐突ですが、馬肉っていつから食べ始めたのかってご存知ですか。
日本で馬肉料理を食べるようになったのは、熊本城でも有名な天下の武将
「加藤清正」が肥後の国の統治をした頃と言われています。

全国では、熊本県、福島県、青森県などが有名ですが、
この地「熊本県」が馬肉の生産量トップで、熊本の郷土料理として県民に愛されています。
古くは滋養強壮の食品としても広く食べられ、今ではグルメや薬膳料理として
一つの食文化を形成しています。

また馬肉は「桜肉(さくら肉)」とも呼ばれます。馬刺し肉をカットして空気に触れた時に、
きれいなさくら色になるからです。

今回紹介するのは、熊本の牧場で肥育した馬肉で、鮮度もさることながら、
水(阿蘇の湧き水)・餌・環境を重視して、自分の子供に食べさせても
安心安全である事、これが一番のウリだそうです。

だからこそ、自然の力を最大限お届けしようと飼料を独自に配合、国内生まれの馬を自分
たちで全国から集めて熊本の地で、湧水を使って育てます。
自分たちで肥育から出荷まで行っているからこそ安心して購入いただけると考えております。



スポンサードリンク



posted by sword1rou at 18:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: